初めての海外旅行、飛行機乗り方ガイド
初心者のための航空券の買い方ガイド

初心者のための
航空券の買い方ガイド

初めての海外旅行に行きたいけど航空券のことがよく分からない、という方のための航空券の買い方ガイドを作りました。まだまだいろいろと細かい話はありますが、まずは初心者の方が一般的な手順で購入が完了できることをめざして解説しています。

初心者の方向け、航空チケットの購入方法

航空券の購入方法の前に、航空券とはどういった感じのものなのかをお伝えします。航空券を購入すると、購入方法によって異なりますがEメール、あるいは書類が送付されます。そこには購入内容やフライトの詳細が書かれていますがこれは航空券ではありません。ですが航空券の購入はこれで完了です。

実際の航空券はフライト当日、空港内のチェックインカウンターという所で受け取ることができます。受け取ったEメールのコピーや書類とパスポートをカウンターに持っていき、搭乗手続きが完了しましたら航空券が手渡されます。

フライトの種類 直行便と乗り継ぎ便

日本から海外の主要な観光都市へは直行便が飛んでいることが多いですが、直行便がないこともあります。その場合は、一度その国の主要空港までフライトし国内線に乗り換えたり、別の国へ行ったあとそこから目的の空港へ行く方法があります。こういった便のことを乗り換え便、トランジット(Transit)などと言います。

乗り換え便の場合、一部航空券の料金が安くなっていることもあるのですが、その代わり乗り継ぎに時間がかかり、トラブルにあう可能性も上がりますのでできれば直行便を選択されることをお勧めします。JALやANAなどの日本からの直行便がない場合であっても、現地の航空会社には日本への直行便があることがあります。

日本語が通じない等の理由で海外の航空会社を利用することをためらわれる方がいらっしゃるかもしれませんが、乗り換え便を選んだ場合でも乗り継ぎ便は海外の航空会社の便に乗ることになり、そのような便では日本人客室乗務員が乗っていることはほとんどありません。海外の航空会社の日本からの直行便であれば日本人客室乗務員が乗っている可能性は高くなります。

フルサービスキャリアとLCC

航空会社の種類について、ざっくりと知っておいてほしいことがあります。最近ではLCC(エルシーシー、Low Cost Carrier)と呼ばれる航空会社が増えてきたということを聞いたことがあるかもしれません。LCCはそれまでの航空会社に対して、サービス内容を切り分けたり業務を高効率化したりしてより安い価格の航空券を提供している航空会社です。

いままでの航空会社はフルサービスキャリア(FSC)やレガシーキャリアなどと呼ばれます。日本の航空会社ではジェットスタージャパン、エアアジアジャパン、ピーチ、春秋航空日本がLCCとなりますが、初めて海外へ行くのであればJALやANA、海外の主要航空会社などのフルサービスキャリアのご利用をお勧めします。

航空券の価格とビジネスクラスなどについて

航空券の値段はいつも同じではなく購入する時期によって変動します。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みは価格が上がり、予約が取りにくくなります。また、出発予定日が近くなるほど価格が上がっていきます。さらに曜日によっても大きく価格が変わることがあり、納得のいく価格で購入するのはなかなか難しくなっています。

しかし必ず言えることは、早めに購入してしまったほうが安いということです。予定日の1か月前くらいまでは概ね安い価格で提供されていますが、2週間前くらいになってくると価格が変動しやすくなり予約も埋まっていきます。

航空券選びで注意したいこと

航空券を買う前に、出発予定日と帰国する日を確認しておいてください。国際線の航空機は夜中に飛ぶことも多いです。例えば、15日の深夜1時出発の場合、飛行機の出発の日は15日ですがみなさんが家を出るのは14日です。15日ではありません。

また、行き帰りそれぞれの出発時刻と到着時刻に空港と自宅、ホテルの交通手段があることも確認しておいてください。特に現地へ深夜に到着するような便の場合は先に送迎サービスのあるホテルを探すなどしたほうがよいでしょう。

日本と海外の国では時差がありますが、航空券を買う際に表示されているフライトスケジュールは現地時刻で表示されています。ハワイやアメリカ本土など、日本から東へ飛んで日付変更線を超えると行きも帰りも到着日が1日ずれることになります。ですので、行きの便、帰りの便の現地の日付と時刻を間違えないように注意してください。

経由便を選択される場合は、乗り継ぎの時間に注意してください。同じ空港内で移動するにしてもセキュリティチェックや入国審査を受ける必要がある場合がありますので到着予定時刻から次の出発予定時刻までは最低でも2時間以上を確保しておいてください。ただし逆に長すぎると疲労がたまりますのでその点も考慮してください。

片道ではなく往復の航空券の購入を

初めて海外へ行かれる方は基本的に往復の航空券を購入されることと思いますが、航空券は片道ずつ購入することもできます。海外への長期周遊旅行や海外赴任などの場合、帰国する日程が確定していないためとりあえず行きの分だけ購入を考える方もいらっしゃいますが、その場合は注意が必要です。

国によっては往復分の航空券を持っていないと入国が許可されないことがあり、それを受けて日本を出国する際、空港のチェックインカウンターで行きだけでなく帰りの分の航空券の予約があるかどうかを確認されます。もし帰国分の航空券を持っていなければ行きの航空券を発券してもらえないことがあります。ですので慣れないうちは必ず往復の航空券を同時に購入するようにしてください。

ビジネスクラスとエコノミークラス

一般的な飛行機内の座席はエコノミークラスになりますが、それよりグレードが高いビジネスクラスというものがあります。さらにクラスの高いファーストクラスもありますが、最近ではビジネスクラスのレベルが高くなってきておりファーストクラスが少なくなってきました。ビジネスクラスはビジネスをする人の為の席という意味ではなく誰でもビジネスクラスの航空券を購入することができます。

航空券を買う窓口

航空券を買う方法は1つだけではありません。大きく分けると、航空会社から直接買う方法と旅行関連会社から買う方法があります。また、航空券だけを買う方法とホテルも合わせたパッケージで買う方法があります。

旅行ツアー

JTBやHISなどの旅行ツアー会社のツアーに申し込みをすると航空券もそのパッケージに含まれています。現地での移動や観光案内も含まれており、専属のガイドと一緒に移動します。海外旅行初心者にお勧めの選択肢です。全国各地にツアー会社の店舗があり、そこで申し込みをすることができますのでインターネットに慣れていない方でも安心です。

団体旅行になりますので、スケジュールに合わせて他の参加者と一緒に移動しなくてはならないという点がマイナスポイントになります。

航空券とホテル

航空券とホテルをセットで購入する方法です。上述の旅行ツアーの、添乗員がいないパッケージになります。こちらも旅行会社の店舗で申し込むことができます。また、インターネット上の旅行会社のwebサイトから申し込むことができます。パッケージの内容は航空券とホテルだけですので、現地での移動手段やどの観光スポットへ行くかなどは自分で決めなければなりません。ですがその分、ご自身で観光地を調べたり、美味しそうなレストランを探したりといったことを楽しめるのもこのスタイルの良い点です。

航空券のみ

各航空会社のwebサイト上で購入することができます。慣れてくると一番便利な購入方法ですが、すべてご自身で責任を持って行わなければいけません。旅行会社を通しての購入や、航空会社のテレフォンセンターからの購入もできますが、webサイトからの購入よりも割高になることがあります。

購入の手続きについて

ここまでで航空券を買う上で知っておいたほうがよいことを述べてきました。実際に航空券を買う手順、特にwebサイト上での手順もここでご案内したいのですが、航空会社や旅行会社それぞれのwebサイト上での入力方法が異なるためそれらを全部説明することは難しく、それぞれのwebサイト上の案内に従っていただくことになります。

基本的な流れとしては、日程と目的地を入力して航空便を検索、空席ありなしと金額が表示されるのでよければそれを選択、個人情報を入力、クレジットカードや銀行振込等で決済、という感じです。同行者がいる場合、行き帰りの便はそれでよいか?支払いは誰がするのか?などを話し合いながら決める必要があるため、全員が連絡を取り合える時間帯に行うほうがよいでしょう。

また、購入にはご自身と同行者の個人情報(名前、住所、生年月日、パスポート番号、携帯番号など)を入力する必要がありますので事前に用意しておいてください。申し込み後はEメールで購入確認メールが送られてくることがほとんどで、このメールに申込内容が記載されたPDFファイルなどが添付されます。慣れないうちはこのPDFファイル等を印刷して持参することをお勧めします。PDFファイルの印刷はコンビニでも行うことができます。同行者にもこのPDFを転送したり印刷したものを配布するのを忘れないようにしましょう。

もしwebサイト上でのお申込みが難しいと感じられるようでしたら旅行会社の店舗へ行くと案内を受けることができます。また、JALやANAなどの大手航空会社では電話窓口での申し込みも可能ですのでそちらをご利用ください。


next海外旅行先のホテルを予約する方法と気を付けたいポイント

このページをメモしたりお友達に教えるにはSNSなどに次のアドレスをコピーして貼り付けてください。
https://kohlo.jp/international/20-air-ticket.php
新着記事
21年10月4日現在のコロナ禍の世界のエアラインの現状と今後の予想
21年10月4日現在のコロナ禍の世界のエアラインの現状と今後の予想
飛行機の国内旅行を計画する前に考えておかないといけないこと
飛行機の国内旅行を計画する前に考えておかないといけないこと
必読、機内安全ビデオが完全に理解できる解説
必読、機内安全ビデオが完全に理解できる解説
初心者のための搭乗案内の流れ解説
初心者のための搭乗案内の流れ解説
飛行機内の客室の設定温度とおすすめの服装やグッズ解説
飛行機内の客室の設定温度とおすすめの服装やグッズ解説
ターミナルの制限エリアを楽しもう
ターミナルの制限エリアを楽しもう