初めての海外旅行、飛行機乗り方ガイド
海外旅行でスマートフォンでインターネットを使うには?

海外旅行でスマートフォンで
インターネットを使うには?

海外旅行先ではわからないことがたくさん出てきます。そんな時にその場で情報を検索できると旅の幅がぐっと広がります。現地でインターネットに接続する方法はいくつかありますのでご紹介します。

海外でインターネットに接続する方法と準備しておくこと

海外に旅行に行く前には観光地の情報などをいろいろ調べていると思いますが、いざ現地へ行ってみると情報収集が足りなかった部分が必ずでてきます。また、街を歩いているときに道がわからなくなってしまったりすると、スマートフォンで地図と現在地が分かるととても便利ですよね。ホテルや観光案内所には備え付けのパソコンが用意されていることもありますが、やはりご自身のスマートフォンで移動中にネット接続できると一番便利ですのでその方法も解説していきます。

通信費の高額請求を避けるために

海外へ行く前に、スマートフォンのネット接続について知っておいてほしいことがあります。いまスマートフォンをお持ちの方はほとんどの方がDOCOMO、AU、ソフトバンクなどの携帯会社の回線を使っていると思いますが、国によってはそのまま海外へ行って使うこともできます。ですが、その場合は現地の携帯会社を通して回線を利用することになり、帰国後に日本の携帯会社から高額のデータ使用料を請求されることになります。

下記で「国際ローミングサービス」についてご紹介しますが、それを使わない場合は飛行機に乗り込んだあとはスマートフォンの設定画面から「モバイル通信」をオフにしておいてください。モバイル通信は携帯会社の回線を使ったデータ通信のことで、wifi(ワイファイ)とは別のものです。もしこの設定のことがわからなければスマートフォンからsimカードを抜いておけば大丈夫です。

スマートフォンでネット接続する方法

スマートフォンを使ったネット接続の方法にはwifi接続とモバイル回線接続の2種類があります。下記でご紹介する「フリーwifi」、「海外モバイルwifiルーター」がwifi接続で、「国際ローミングサービス」、「現地の携帯会社のsim」がモバイル回線接続です。どのようなスマートフォンであってもwifi接続は可能ですが、モバイル回線接続には携帯会社と契約したsimカードが必要です。

フリーwifi

wifiは建物内などに設置されている無線設備のことで、空港やホテルには多くの場合設置されています。ホテルではチェックインの際にwifiのネットワーク名とパスワードを教えてもらえます。接続を試してみてつながらなければフロントのスタッフに確認してみてください。

空港内にもwifiが設置されていることが多いです。スマートフォンのwifi接続の画面を開くと「〇〇-airport-free-wifi」のような名前のネットワーク名がでてくると思います。こちらは利用前に利用規約のページを確認したり、時間制限があったりします。ただ、空港のような不特定多数が利用するwifiはあまりセキュリティレベルが高いとは言えないため非常時以外のご利用はお勧めしません。

街中のレストランやカフェでも無料のwifiが設置されていることがよくあります。客席が数席しかない個人経営のお店でもwifiがあるのは一般的で、日本よりもwifi環境は充実しています。パスワードはテーブルの上の案内やメニュー、壁の張り紙などに書かれています。

もし移動中にネット接続できないような状況であっても近くのカフェに入ればwifiがあることが多いですので困ったときはwifiのマークがあるカフェを探してみましょう。

海外用モバイルwifiルーター

海外用のモバイルルーターは、海外現地の携帯通信をwifiに変換してくれる機械です。現地携帯回線とルーターは自動的に接続され、そのルーターとご自身のスマートフォンはwifi回線で接続します。ご自身で現地の携帯業者と契約する必要はありません。このモバイルルーターは日本国内にレンタル業者がいくつかあり、契約すると渡航前にご自宅へ郵送あるいは空港で受け取ることで利用することができます。

費用は各業者によってことなりますが、今現在お使いのDOCOMOなどの回線を海外で使えるようにするよりは安価です。一般的なwifi回線はホテルやカフェ内などの狭い範囲しか利用できませんが、このモバイルルーターでは携帯回線を利用しますので海外で外出中にも使うことができます。

1つの機器で多くのスマートフォンに接続することができますのでグループで1つあれば安心です。ただし、1つの携帯回線を分け合うことになりますので動画視聴などを一斉に行うことは難しいでしょう。移動中の情報収集や地図を確認するといった用途に向いています。

日本の携帯会社の国際ローミングサービス

現在お使いのDOCOMO、au、ソフトバンクには海外旅行へ行く際に現地でそのまま携帯回線を使うようにできるサービスがあります。これに事前に契約しておくと現地へ到着後に機材を購入したりすることなくそのままスマートフォンを利用することができます。契約料は他の方法より高額になることが多いですが、国内でいつも利用している携帯ショップへ行くか、オンラインで契約するだけで手続きが終わるので利用しやすいです。

この契約をせずに現地でその国の携帯会社の回線を利用することもできますが、利用料が10万円を超えるような高額になることがあり帰国後にトラブルになることもありますのでこの点は注意してください。もし携帯回線を使用せずwifiだけ使う予定でしたら、飛行機に乗り込む前にモバイル回線を使わないように設定しておくか、simカードをスマートフォンから抜いておきましょう。

現地の携帯会社のsim

目的地の空港に到着すると、多くの場合、到着ロビーには現地の携帯会社の売店があります。ここで現地の携帯回線のsimカードを手に入れて利用するという方法があります。この方法は少し上級者向けですが、慣れてしまえば一番簡単で利用料も安くなります。帰国の際にまたそのお店に行ったりする必要はなくそのままで大丈夫です。

これらのお店でスマートフォンを利用するには、まずご自身のスマートフォンがsimフリーであるかどうか知っておく必要があります。世界的にスマートフォンはsimカードを入れ替えるだけでどこの国の携帯会社の回線であっても利用することができるようになっているのですが、なぜか日本の携帯会社で販売されているスマートフォンにはsimロックというものがかかっており、その会社以外のsimカードは使えないようになっています。

このsimロックは携帯会社に行って手続きしてもらうことで解除することができます。このsimロックは携帯会社で購入したスマートフォンだけですので、例えばapple storeで購入したiPhoneはロックがかかっていないsimフリー携帯です。

現地の到着ロビーの売店は海外旅行者向けで、利用料なども旅行者向けのものが用意されています。ここで契約したいことを伝えると、パスポートのコピーを取ったあとsimカードを用意してもらえます。simの挿入とスマートフォン内の回線設定も同時にやってもらえます。現地の回線がしっかりと使えるようになったことを確認してからokと伝えましょう。うまくつながらなかったり回線速度がとても遅い場合は必ずちゃんとつながるようになるまで販売店の方に確認してもらいましょう。

費用は国によって変わりますが、1週間ほど使っても1000円以下のことが多いです。

海外で必要な電源アダプターと電圧について

スマートフォンのネット接続と同時にバッテリーの充電についても考えておいてください。最近ではホテルの各部屋、空港ロビーに充電用のUSBが設置されていることも多くなってきました。しかし、USBがない場合は充電用のコンセントが必要です。

海外では国によってコンセントの形状が異なっており、日本で使っていた充電器がそのままでは使えないことがあります。この問題を解決するために各国のプラグ形状を日本のタイプに変換するアダプターが売られています。旅行用品売り場やAmazon、楽天などで購入できますので1つ持っていれば便利です。スマートフォンの他、電動シェーバーやドライヤーなどを使うときにも必要になってきます。

また、日本の電源の電圧は100Vですが、他の国では200Vや240Vなどの国もあります。充電の際には充電器の対応電圧も確認しておいてください。充電器のどこかに細かい字で様々な表記やマークが描かれている部分があると思いますが、その中の「input 100-240V」の部分がそうです。ただ、最近では100Vから240Vまで対応した充電器が多くなっており、ほとんどのスマートフォンの充電器もこれに対応しています。


next現地で使える通貨と支払い手段を準備しよう

このページをメモしたりお友達に教えるにはSNSなどに次のアドレスをコピーして貼り付けてください。
https://kohlo.jp/international/30-wifi-sim-card.php
新着記事
21年10月4日現在のコロナ禍の世界のエアラインの現状と今後の予想
21年10月4日現在のコロナ禍の世界のエアラインの現状と今後の予想
飛行機の国内旅行を計画する前に考えておかないといけないこと
飛行機の国内旅行を計画する前に考えておかないといけないこと
必読、機内安全ビデオが完全に理解できる解説
必読、機内安全ビデオが完全に理解できる解説
初心者のための搭乗案内の流れ解説
初心者のための搭乗案内の流れ解説
飛行機内の客室の設定温度とおすすめの服装やグッズ解説
飛行機内の客室の設定温度とおすすめの服装やグッズ解説
ターミナルの制限エリアを楽しもう
ターミナルの制限エリアを楽しもう